遺伝毒性試験

細菌を用いる復帰突然変異試験
(Ames試験)

細胞内の遺伝子DNAのレベルで突然変異が起こると,DNAを構成する塩基に様々な変化が生じます.
突然変異が起こったDNAが複製されることにより,細胞のがん化,老化現象や細胞死をまねくような病気となって現れます.
AMES試験はがん原性物質との相関性が比較的高く,In vitro試験の代表的な試験として安価で,短期間で結果が得られます.
AMES試験は,化学物質の遺伝毒性やがん原性の予測に用いられるだけでなく,突然変異物質や発がん物質の作用機序の解明にも用いられています.
このため,世界中で広く最も一般的に行われている遺伝毒性試験の一つとなっています.

 

使用菌株
TA98
TA100
TA1535
TA1537
WP2uvrA
TA1538
WP2uvrA/pKM101

in vivo 小核試験

小核試験は化学物質による染色体異常誘発の有無を検出する方法の一つです.
弊社ではマウス骨髄中の幼若赤血球を用いるin vivo小核試験を受託しております.