学術発表 | 医薬品や医療機器、化粧品・医薬部外品など、さまざまな新規化学物質等の安全性試験受託事業を展開

学術発表

2018 /06 /20
日本安全性薬理研究会 第9回学術年会
演題:Safety Pharmacological Approach for Proarrhythmic Risk Prediction Using IQ-CSRC Drugs (II) – Langendorff Study –
演題:Safety Pharmacological Approach for Proarrhythmic Risk Prediction Using IQ-CSRC Drugs (I) – Patch-clamp Study –
2017 /06 /08
17th Annual Meeting of Safety Pharmacology Society
演題:Investigation of individual analysis of QT interval in beagle dogs
演題:Usefulness of combining multi-ion-channel assays with the Langendorff assay in an assessment of proarrhythmic risks【Junior Investigator Travel Award受賞】
2017 /04 /01
日本安全性薬理研究会 第8回学術年会
演題:Biochemical hERG channel trafficking assay using HEK/CHO cells hERG タンパク質の生化学的定量解析
2016 /04 /01
Society of Toxicology 55th Annual Meeting
演題:Development of a new local lymph node assay that evaluates the elicitation response termed LLNA:DAE
2015 /04 /01
誌上発表Unsaturated fatty acids show clear elicitaiton responses in a modified local lymph node assay with an elicitation phase, and positive in the direct peptide reacitivity assay
The Journal of Toxicological Sciences, 40, 843-853, 2015
2015 /04 /01
第42回日本毒性学会学術年会
演題:新規皮膚感作性試験LLNA:DAE法の開発と感作性強度評価への応用
2015 /04 /01
誌上発表Further development of LLNA:DAE method as stand-alone skin-sensitization testing method and applied for evaluation of relative skin-sensitizing potency between chemicals
The Journal of Toxicological Sciences, 40, 137-150, 2015
2014 /04 /01
第22回日本免疫毒性学会学術大会
演題:LLNA:DAE法による塩化ベンザルコニウムのアレルギーの誘発可能性に関する検討
2014 /04 /01
日本動物実験代替法学会 第27回大会
演題:LabCyte CORNEA-MODEL 眼刺激性試験法における生細胞率測定方法の比較
演題:惹起相を含む新規皮膚感作性試験LLNA:DAE法の開発(第2報)
2014 /04 /01
9th World Congress on Alternatives & Animal Use in the Life Sciences
演題:Development of a new local lymph node assay that evaluates the elicitation response
演題:Additional joint research on eye irritation alternative method with human corneal model; LabCyte CORNEA-MODEL24
2014 /04 /01
日本安全性薬理研究会 第5回学術年会
演題:心筋活動電位を形成する各種イオンチャネル電流のパッチクランプ法による評価
演題:ウサギ摘出心臓を用いた各種イオンチャネルブロッカーの新機能に対する影響
2014 /04 /01
誌上発表Development of LLNA:DAE: a new local lymph node assay that includes the elicitation phase,discriminates borderline-positive chemicals, and is useful for cross-sensitization testing
The Journal of Toxicological Sciences, 39, 147-161, 2014
2013 /04 /01
第40回 日本毒性学会学術年会
演題:惹起相をとりいれた新規LLNA:DA法の検討
2013 /04 /01
日本安全性薬理研究会 第4回学術年会
演題:ランゲンドルフ型ウサギ灌流心を用いた心機能評価の有用性
演題:Evaluation of QT Prolongation in Langendorff Perfused Rabbit Hearts
2013 /04 /01
日本動物実験代替法学会 第26回大会
演題:LLNA:DAE法の開発と研究室内バリデーションの結果
2013 /04 /01
誌上発表A catch-up validation study of an in vitro skin irritation test method using reconstructed human epidermis LabCyte EPI-MODEL24
Journal of Applied Toxicology, 10 Oct, 2013
2012 /04 /01
日本動物実験代替法学会 第25回大会
演題:培養角膜モデルLabCyte CORNEA-MODEL24を用いた眼刺激性試験代替法共同研究
演題:惹起相をとりいれた新規LLNA:DA法の検討 - LLNA:DA2の可能性 -
2012 /04 /01
日本安全性薬理研究会 第3回学術年会
演題:Evaluation of cardiac function in rat, guinea pig, rabbit and dog
演題:Investigation of Orthostatic hypotension in Beagle Dogs
2012 /04 /01
誌上発表Validation Study of the In Vitro Skin Irritation Test with the LabCyte EPI-MODEL24
Alternatives to Laboratory Animals(ATLA),40, 33-50 , 2012
2011 /04 /01
日本動物実験代替法学会 第24回大会
演題:培養表皮モデルLabCyte EPI-MODEL24皮膚刺激性試験法の追加共同研究
演題:TG442A(LLNA:DA)実施時の耳介厚測定における標準化の検討
2011 /04 /01
第38回日本トキシコロジー学会学術年会
演題:安全性薬理試験におけるグルコースクランプ法の有用性
2011 /04 /01
日本安全性薬理研究会 第2回学術年会
演題:Utility of Glucose Clamp Technique in Safety Pharmacology Studies
演題:安全性薬理試験におけるグルコースクランプ法の有用性
2011 /04 /01
8th World Congress on Alternatives & Animal Use in the Life Sciences
演題:Validation of a skin irritation study using a Japanese model;LabCyte EPI-MODEL24, additional study
2010 /04 /01
日本動物実験代替法学会 第23回大会
演題:培養皮膚モデルLabCyte EPI-MODEL24を用いた皮膚刺激性試験代替法のバリデーション研究 追加試験
2010 /04 /01
2010年度 日本安全性薬理研究会 第1回学術年会
演題:安全性薬理試験における呼吸機能検査法の検討
演題:無麻酔無拘束下ビーグル犬を用いた安全性薬理試験におけるビデオモニタリングによる一般状態観察の重要性
演題:安全性薬理試験におけるex vivo APD評価の有用性
2009 /04 /01
第22回日本動物実験代替法学会総会・学術大会
演題:培養皮膚モデルLabCyte EPI-MODEL24を用いた皮膚刺激性試験代替法のバリデーション研究
2009 /04 /01
7th World Congress on Alternatives & Animal Use in the Life Sciences
演題:Validation of LabCyte EPI-MODEL24, an In Vitro Assay for Detecting Skin Irritants
2008 /04 /01
誌上発表Validation studies on an alternative endpoint for the local lymph node assay(LLNA-DA):Importance of study management
6th WC 429-432 (2008)
2008 /04 /01
誌上発表Interlaboratory validation of the modified murine local lymph node assay based on adenosine triphsphate measurement
Journal of Pharmacological and Toxicological Methods 58 11-26 (2008)
2008 /04 /01
日本動物実験代替法学会第21回大会
演題:培養皮膚モデルLabCyte EPI-MODEL24を用いた皮膚刺激性試験代替法のバリデーション研究 予備試験結果
2008 /04 /01
誌上発表皮膚腐食性試験(OECD TG431)での国内市販ヒト三次元培養皮膚モデル「LabCyte EPI-MODEL24」の評価
安研協会報 20号 79-81 (2008)
2007 /04 /01
7th Annual Meeting of Safety Pharmacology Society
演題:Utility of novel electrocardiogram-lead system from cardiac surface using telemetry systems in free-moving dog【Junior Investigator Travel Award受賞】
演題:Simultaneous evaluation method for central nervous, cardiovascular and respiratory systems in identical free-moving dogs
2007 /04 /01
第34回日本トキシコロジー学会学術年会
演題:Investigation of electrocardiogram recorded from cardiac surface and apex-base bipolar lead using telemetry systems in beagle dogs
演題:Investigation of effects of the known QT-prolonging drugs on the central nervous, cardiovascular and respiratory systems in beagle dogs using the simultaneous evaluation method for the safety pharmacology core battery
2007 /04 /01
第80回日本薬理学会年会
演題:無麻酔無拘束下のビーグル犬を用いた中枢神経系、心血管系および呼吸系の同時評価のための試験法
演題:モルモット摘出乳頭筋標本を用いたin vitro APD試験法の最適化
2007 /04 /01
6th World Congress on Alternatives & Animal Use in the Life Sciences
演題:Second Inter-laboratory validation study on LLNA-DA
演題:Validation studies on LLNA:Importance of study management
2007 /04 /01
Society of Toxicology 46th Annual Meeting
演題:Validation of LLNA-DA assay for assessing skin sensitization potential
2006 /04 /01
第33回日本トキシコロジー学会学術年会
演題:Whole Body Plethysmography (WBP) 法の環境下において14日間連続飼育した場合のビーグル犬に対する影響
演題:安全性薬理試験におけるモルモット単離心室筋細胞を用いたパッチクランプ法の有用性
演題:自動パッチクランプシステムを用いたhERG試験の最適化
2006 /04 /01
第79回日本薬理学会年会
演題:安全性薬理コアバッテリー試験の総合検査法
演題:ex vivo APD試験におけるQT間隔延長の評価
演題:モルモット心室筋細胞を用いたin vitro安全性薬理試験
演題:オートパッチクランプシステムを用いたhERGブロッカーのスクリーニング
2006 /04 /01
Qpatch User Group Meeting
演題:Validation Study for the hERG Screening Using QPatch 16
2006 /04 /01
第20回日本動物実験代替法学会
演題:皮膚感作性試験代替法(LLNA-DA法)バリデーション研究(最優秀発表賞)
演題:OECD TG431に基づく皮膚腐食性試験法でのヒト三次元培養皮膚モデル「LabCyte EPI-MODEL」の評価
2005 /04 /01
第8回実験動物総合支援システム特別研究会
演題:Integrated in vivo safety pharmacology study developed for investigating effects of a drug on the central nervous, cardiovascular, and respiratory systems simultaneously in dogs, monkeys, or other animals
2005 /04 /01
5th Annual Meeting of Safety Pharmacology Society
演題:HTS Screening of hERG Blockers using 2nd-Generation-Automated Patch-Clamp System
2005 /04 /01
第78回 日本薬理学会年会
演題:Auto Patch Clamp Assayにおける化合物の吸着問題の検証とその回避策の検討
演題:パッチクランプ法を用いたhERG assayにおける細胞種間の再現性
演題:自動パッチクランプスクリーニングシステムを用いたhERG電流抑制化合物におけるIC50値の評価
2004 /04 /01
第5回モレキュラーデバイスユーザーミーティング
演題:PatchXpressを用いたhERGスクリーニング
2004 /04 /01
4th Annual Meeting of Safety Pharmacology Society
演題:Correlation of hERG Screening Data Between Conventional and Automated Patch-Clamp Systems
演題:Compound-Adsorption Problem and the Prevention Measure in the Automated Patch-Clamp Assay
2004 /04 /01
第31回日本トキシコロジー学会学術年会
演題:自動パッチクランプシステムを用いたhERG試験の最適化
演題:hERGスクリーニングと試験データの再現性
演題:QT間隔延長作用評価に関するin vitro試験における偽陰性及び偽陽性作用
2004 /04 /01
第77回 日本薬理学会年会
演題:自動パッチクランプシステムを用いたハイスループットhERGアッセイ-評価条件の最適化
演題:自動パッチクランプシステムを用いたハイスループットhERGアッセイ-従来のパッチクランプ法との比較
2004 /04 /01
48th Annual Meeting of Biophysical Society
演題:Optimization of hERG Assay Using PatchXpress in HEK293 Cells
2003 /04 /01
3rd Annual Meeting of Safety Pharmacology Society
演題:Patch-clamp studies in the evaluation of suppressive effects of drugs on the hERG potassium channel
2003 /04 /01
第30回日本トキシコロジー学会学術年会
演題:薬物のhERG電流抑制作用の評価に与える細胞外灌流液温度の影響

お電話でのお問い合わせはこちら

0493-54-3239

平日 9:00~18:00 ※土日祝除く

フォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ