CytoPatchTM 及び セルライン販売 | 医薬品や医療機器、化粧品・医薬部外品など、さまざまな新規化学物質等の安全性試験受託事業を展開

非臨床試験サービスのDSTC > CytoPatchTM 及び セルライン販売

CytoPatchTM 及び セルライン販売

薬物安全性試験センターでは、イオンチャネル評価に利用されるオートパッチクランプ装置「CytoPatchTM」(米国CytoBioscience社製)の販売を行っております。またCytoPatchTMにて使用するセルラインの販売も行っています。

CytoPatchTM

CytoPatchTM

CytoPatchTMは、いわゆるオートパッチ装置に位置付けられておりますが、そのコアデザインを極端なほどマニュアルパッチクランプの技術に近づけることによって、他のプラットフォームと性格を異にしております。この設計へのこだわりによって、オートパッチプラットフォームの一つでありながら、マニュアルパッチクランプで取得されているデータと遜色ない正確なデータを取得することができます。

特徴

  • 人の関与が極めて少ないオートパッチクランプ装置です
  • マニュアルパッチと同レベルのデータを取得できます
  • 膜電位固定(voltage clamp)と膜電流固定(current clamp)のいずれも可能です
  • ホールセル記録法(whole-cell recording), セルアタッチ法,穿孔パッチ法(perforated patch)いずれのプロトコールにも対応
  • 細胞株,幹細胞,初代細胞 いずれも適用可能
  • マニュアルパッチと同じガラス製ピペットを用いた唯一のオートバッチクランプ装置
  • 生理学的バッファのみでギガシールの形成が可能
  • データに影響する可能性のあるシールエンハンサーは不要
  • 薬液の持続灌流が可能
  • 薬液の超高速適用(<4ms)が可能
  • 最少の被験物質消費量
  • 温度コントロール可能

セルライン

薬物安全性試験センターでは、CytoBioscience社製の、パッチクランプ試験に使用可能なセルラインを販売しております。詳しくはお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0493-54-3239

平日 9:00~18:00 ※土日祝除く

フォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ